春のレクリエーション「ボウリング大会」大盛況でした(*^-^*)

みなさん、こんにちは。明日は天神祭りですね。

前日祭があちこちで開催されていた今日、春のレクリエーションを行いました。

 

今年は「ボウリング大会」!

市内ヤマテボウルさんを会場に、子ども12名、大人10名、合計22名が参加し、屋外の陽気にも負けないほどの熱気で2ゲームを楽しみました。

 

ゲームに先立ち、子ども達には”5つの約束”が書かれた紙を渡し、ルールを守って楽しむことを話しました。

初めてゲームをする子も若干いましたが、ほとんどは町の行事や学校の行事などでボウリングは経験済み。貸靴の借り方やボールの選び方もこなれたものです。

 

そして、子どもも大人も10本のピンを狙って投げる投げる!

 

ゲーム中の子どもはほぼ約束を守ってましたが、熱が入るとついついレーンに寝転がったり、ボールを放ったり・・・。ハイテンションになるとこうなっちゃうことがよくあります。

楽しい!嬉しい!の表現をうまくできないことが多いのです。

そんな時は周りの大人の出番。ここは大人も学びの場です。どんな声かけがいいか?みんなが楽しめる雰囲気作りを目標に、様々工夫をする姿がありました。

 

叱らずにいい方向に促す声かけって結構難しいんです。親子だと尚更ですよね。

でも・・・親子だけど、親子だからこそこの声かけって重要だと私たちは感じます。

子どもがうまく乗る” ツボ ”、あるんです(*^_^*)

このツボを探るいい機会がこの親子レクではないでしょうか。

 

あっという間の2時間。

「もっとやりたい!」という子もいるほど楽しめたようでした。

 

ゲームの後には参加賞を。

勝敗には敏感なので敢えて参加賞です。

ルールを守ってみんなで仲良く楽しめたご褒美はレクリエーション担当が嗜好リサーチして吟味したお菓子セットでした(^^♪

み~んな、嬉しそうに抱えて、ニッコリ(゚∀゚)

あ~、めっこい!!!(中学生もいますが、そう思っちゃいます)

 

集合写真も撮りました。

カメラを向けると、さっきまで一触即発にいがみ合っていた同士が腕組みしたり、あまり近寄らない同士がぴったりくっつく。

このような体験を通して、お互いを知り、理解していく。

そして、いつの間にかお互いにいい距離感を持って関わるようになっていくみたいです(´艸`*)

 

今日も楽しいレクリエーションになって良かったです。

皆さん、お疲れさまでした(*´ω`)

 

 

筆)naka